《ミステリと言う勿れ》久能整役は菅田将暉じゃない3つの理由!天然ふわふわ感が足りなくて違和感しかない!?




人気漫画『ミステリと言う勿れ』が、菅田将暉さん主演でドラマ化されます!

物語の見どころは、謎も人の心も解きほぐす久能整のキャラクターですが、「菅田将暉さんはイメージと違う…」という声が多数。

菅田将暉さんが久能整役を演じることの違和感について、調べてみました。

スポンサーリンク

 

 

《ミステリと言う勿れ》久能整役は菅田将暉じゃない!?

ミステリと言う勿れ 菅田将暉じゃない

人気漫画『ミステリと言う勿れ』が、月9にて実写ドラマ化されます。

天然パーマが特徴の大学生・久能整を演じるのは菅田将暉さんですが、「これじゃない感がすごい」とドラマの放送前から話題に。

ドラマや映画に引っ張りだこで、演技力にも定評のある菅田将暉さんですが、「久能整ではない」という声が多いですね。

なぜそう思われるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

 

《ミステリと言う勿れ》菅田将暉に違和感しかない3つの理由!

主人公・久能整は、話し方や雰囲気のとても特徴のあるキャラクターです。

菅田将暉さんの演技は、原作漫画の久能整のイメージとは違っているため、違和感を感じる人が多いようです。

①天然ふわふわ感が足りない

久能整は、つかみどころのないふわふわっとした雰囲気の持ち主です。

菅田将暉さんの演技では、主張が強い感じに見えるので、違和感を覚える人が多いのでしょう。

②話し方や口調が違う

久能整は、押し付けたり説得したりする話し方ではなく、淡々と自分の考えを述べているだけというのも特徴です。

菅田将暉さんの演技は熱量が高く、漫画の久能整の飄々とした雰囲気が出ていない感じがしますね。

③優しさや寄り添う感じが足りない

淡々とした口調ながら、いつも人の気持ちに寄り添っているのも久能整の魅力です。

菅田将暉さんの演技は、正論をかざすような口調に聞こえるため、「違うんだよな…」と感じる人も。

スポンサーリンク

 

久能整役は渡部豪太がよかった!?

久能整は、天然パーマの見た目も特徴的です。

以前から、「俳優・渡部豪太さんに似ている」と言われてきました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡部豪太 Gota Watabe(@gotawatabe)がシェアした投稿

渡部豪太プロフィール

  • 名前:渡部豪太(わたべ ごうた)
  • 生年月日:1986年3月8日
  • 出身:茨城県日立市
  • 身長:179cm
  • 血液型:AB型

ミステリと言う勿れ 菅田将暉じゃない
Lemon
クルクルの髪もふわっとした雰囲気もそっくり!

菅田将暉さんも髪を伸ばして天然パーマ風の髪型に仕上げていますが、演技の違和感もあいまって、「渡部豪太さんに演じてほしかった!」という声も多いですね。

渡部豪太さんのクルクルヘアは、天然パーマなので、役作りをしなくても久能整の見た目はクリアできそうですね!

話し方も、菅田将暉さんよりもソフトな印象なので、適役という声があがるのも納得です。

 

原作漫画の実写化には必ず批判の声があがりますが、それだけ注目されているということ。

原作とドラマであえて設定や解釈を変えたという可能性もあります。

菅田将暉さん演じる久能整にも注目しながら、ドラマならではの『ミステリと言う勿れ』に期待しましょう!

ミステリと言う勿れ つまらない

ドラマ『ミステリと言う勿れ』がつまらない3つの理由!哲学的なストーリーでBGMも変!?