前田旺志郎は慶應大学の総合政策学部!AO入試で一度不合格だった!?


兄弟お笑いコンビ「まえだまえだ」の弟・前田旺志郎さん。

俳優として活躍しながら、名門大学に通う大学生でもあります。

前田旺志郎さんの大学や入試エピソードについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

前田旺志郎は慶應大学の総合政策学部!

前田旺志郎さんは、2019年4月から慶應義塾大学の総合政策学部に通っています。

「今までの芸能活動とは違う何かを学びたい」と考えていたところ、SFCを紹介してもらいました。

SFCについて調べる中で、皆さんそれぞれいろんなことをやっていて、個性の強い人たちがたくさんいるイメージを持ちました。今までの学校生活では、芸能活動をしている人があまりいなかったので、周囲から浮いてしまう場面もありましたが、この大学であれば、それも「ただの一つの個性」になると感じました。

「さまざまな目標に向かって努力する人たちと一緒に学ぶことで、自分のやりたいことが新たに見つかるかもしれない」。そんな興味が湧き、SFCに入ろうと思いました。

また、演劇教育をやりたかったので、SFCの鈴木寛研究会でコミュニケーションや会話、熟議などを学びたいという思いがありました。

引用:慶應塾生新聞

Lemon
SFC=『慶應義塾大学湘南(S)藤沢(F)キャンパス(C)』の略だね!

SFCはベンチャー企業家を多数輩出しており、卒業生の約半数が社長とも言われています。

個性を大事にしながら、自分のやりたいことを社会で実現していく力を身につけられるのでしょう。

前田旺志郎さんは「演劇教育」に興味があり、入学したとのこと。

小さい頃から子役として活動する中で、人としても成長できる場面をたくさん経験してきたのでしょう。

俳優という仕事が本当に好きで、続けられていることに感謝しているんです。

でも、それと同時にこれまでの俳優としての経験を活かして人のために何かできないか、そして社会に何か貢献できることはないかを考えることも大切なんじゃないかと思うようになりました。

お芝居を通して感じること、できることはとても多いと思っているので、演劇教育を通じて社会貢献に繋がったらいいなと思っています。

引用:ORICON NEWS

また、脚本を書いたり映画監督にも挑戦したいという夢があるそうで、前田旺志郎さんにピッタリの学問ですね。

突出したキャラクターの人に対しても、排除しようとする雰囲気がなくて、「何でもいいんだよ。自分のまま、ありのまま、それが個性なんだよ」と、皆を認めていく空間が教室でもでき上がっていることもすてきだなと思います。

教授も個性が強くて、生き生きと授業をされていますね。本当に自分の好きなことをしているんだなと感じます。そのおかげで聞いている側もより意欲的になれます。

引用:慶應塾生新聞

バスケットボールサークルにも所属しているとのこと。

自分らしく、のびのびと大学生活を満喫しているようですね!

スポンサーリンク

 

前田旺志郎はAO入試で一度不合格だった!?

偏差値70とも言われる難関学部・SFCに合格した前田旺志郎さんですが、実はAO入試のⅠ期では不合格でした。

受験の形式はAO入試でした。芸能活動をやっていたので「大丈夫だろう」と思っていたら、Ⅰ期で落ちてしまいました。この時、自分が能動的に何かをやっていたわけではないことに気づきました。

引用:慶應塾生新聞

AO入試とは、アドミッション・オフィス入試のこと。

学校側が入学時に求めている学生像(アドミッション・ポリシー)を基準に、面接や論文など独自の入試形態で合否を判断します。

子役や漫才をするなど、芸能活動をしてきた前田旺志郎さんにはピッタリの入試かと思いきや…

逆にその「気の緩み」が仇となり、不合格となってしまったようです。

受験前の3〜4ヶ月前から仕事をストップし、塾に通うなどして猛勉強した前田旺志郎さん。

それに加えて、自発的な学びも始めます。

Ⅱ期へ向けて、本を読んだり、NPO法人を訪れて話を聞いたりなど、演劇・教育の分野に今まで以上に突っ込んで、いろいろやり始めました。

自ら話を聞きに行ったり、調べたりしている時は、すごく楽しかったし、常にワクワクしていました。「自分が好きだと思える学びをすることの楽しさ」を知りましたね。

引用:慶應塾生新聞

この努力が報われて、Ⅱ期で見事合格!

大学で皆と授業を受けているのも楽しいし、外部で芸能活動をしているのも楽しいし、とてもバランスよくできていると思います。お互いが息抜きになっていますね。

大学での学びは家族も興味を持ってくれています。今までは、子どもと親として会話をすることがほとんどでしたが、大学で学んだことに関しては対等な立場で話ができて楽しいです。

引用:慶應塾生新聞

大学生活と芸能活動も両立できており、両親とも対等に話せるようになってきたとのこと。

幼さが初々しかった前田兄弟も、しっかり成長しているようです。

スポンサーリンク

 

前田旺志郎の小学校・中学校・高校は?

前田旺志郎さんの学歴についても振り返ってみましょう。

学歴
  • 大阪府吹田市立豊津第一小学校
  • 大阪府吹田市立豊津中学校→東京都台東区立桜橋中学校に転校
  • 堀越高校トレイトコース(旧・芸能活動コース)

中学の途中まで、地元である吹田市の公立学校に通っていましたが、芸能活動との両立を考え、東京の桜橋中学校に編入しています。

Lemon
兄・航基さんと一緒に転校したみたいだよ!

その後も芸能活動を呂率するために、堀越高校に通うのは自然な流れだったのかもしれませんね。

歌手、役者、スポーツ選手など、プロとして活躍している人が対象のコースです。

トレイトコースは、課外活動で出席日数が不足した時に、進級・卒業に向けてサポートする制度があります。

礼儀、身だしなみは特に大切に考え、プロとしての活動がさらに光り輝くよう厳しく指導しています。 最近は、もっと勉強して自分を高めたいと、大学へ進学する生徒が増えています。

引用:堀越高等学校

Lemon
バスケットボールは中学からやっていたらしいよ!

 

俳優として話題作へのオファーが絶えない前田旺志郎さん。

朝ドラ『おちょやん』に出演するなど、活躍がめざましいですね!

大学生活と両立しながらさらに進化を続ける前田旺志郎さんをこれからも応援しましょう!

前田航基は日本大学の芸術学部!高校は堀越で実はジャニーズだった!?

前田旺志郎の両親は作家?父がネタを作り母の勧めで芸能界入り!?

スポンサーリンク