ブルームーン2020年はいつ?よく見える方角や満月になる時間は?

とても珍しいと言われるブルームーン。

2020年に見られるチャンスがやってきます!

ブルームーンはいつで、どの時間が一番キレイに見えるのでしょうか?

月の色やブルームーンの由来についてもご紹介します。

スポンサーリンク

ブルームーン2020年はいつ見られる?

1ヶ月に2回満月があるとき、2回目の満月を「ブルームーン」と呼びます。

ブルームーンが見られるのは、20201031日(土)

この機会を逃すと、次は3年後の2023年8月31日(木)となります。

今後のブルームーンは?
  • 2026年5月31日(日)
  • 2029年1月30日(火)
  • 2029年3月30日(金)
  • 2031年10月30日(木)
  • 2034年7月31日(月)
  • 2037年1月31日(土)
  • 2038年3月31日(火)
  • 2039年12月30日(金)

数年に一度しか見られないブルームーンですが、1年に2度ブルームーンが見られる年もあるんですね。

とはいえ、見たいときにいつでも見られるわけではなさそう。

Lemon
2020年は10月31日(土)ということもあり、『ハロウィンムーン』とも呼ばれているよ!

ちなみに、2020年のブルームーンはマイクロムーンとも重なっています。

マイクロムーン2020年はいつ見られる?方角や満月になる時間は?

とっても貴重な2020年のブルームーン、ぜひ見たいですよね!

スポンサーリンク

満月になる時間は?

2020年10月31日(土)のブルームーンは、2349に満月の時刻を迎えます。

もっとも月が輝いて見える時間なので、観測に適した時間とも言えるでしょう。

  • 月の出は10月31日(土)の17時頃
  • 月の入りは11月1日(日)6時頃

夕方から明け方まで、一晩中ブルームーンを楽しめそうです。

当日は、天気がよければいいですね。

スポンサーリンク

ブルームーンの月の色や由来は?

「ブルームーン」という名前から、月が青く見えることを想像する方もいるでしょう。

しかし、ブルームーンは青く見える月ではなく、1ヶ月に現れる2度目の満月のこと。

見た目はいつもの満月と同じですが、稀に月が青く見えることもあるそうです。

Lemon
火山の噴火や、隕石の落下時に発生するガスや塵などの化学物質の影響で、本当に青く見えるときもあるんだって!

ブルームーンの由来には諸説あり、次のように言われています。

  • 1ヶ月に2度満月が見えることを「DOUBLE MOON=ダブルムーン」と呼んでいたのが変化した
  • “2つの月”を意味するフランス語の「la deux lune」を英訳する際に誤って「blue moon」になった

北米では、「とても稀なこと」を表現するときにonce in a blue moonと用いられるほど。

昔から世界中で、ブルームーンは珍しいこととして捉えられているんですね。

スポンサーリンク

ブルームーンを見ると幸せになれる?

1ヶ月に2度の満月があるときに見られるブルームーン。

基本的に、満月になるのは月に1度。

何年かに一度しか見ることができないため、「ブルームーンを見ると幸せになれる」と言われています。

珍しくて幻想的なブルームーンを見れば、幸せがやってきそうな気がしますね。

2020年10月31日(土)の次に見られるのは、3年後の2023

貴重な機会を逃さないようにしましょう!

マイクロムーン2020年はいつ見られる?方角や満月になる時間は?

スポンサーリンク