斎藤洋介の次男はイケメン俳優!顔画像や経歴は?舞台の主役や大河出演も

個性派俳優として活躍した斎藤洋介さんが、ご病気でお亡くなりになりました。

斎藤さんの次男は俳優として活躍しています。

どんな作品に出演されてきたのか、父・洋介さんとの共演はあったのかなど、気になりますね。

斎藤洋介さんの次男について調べてみました。

スポンサーリンク

 

斎藤洋介の次男はイケメン俳優!顔画像や経歴は?

斎藤洋介さんの次男は、俳優の斉藤悠さんです。

プロフィール
  • 名前:斉藤悠(さいとう ゆう)
  • 生年月日:1984年7月20日
  • 出身:千葉県松戸市
  • 身長:177cm
  • 体重:63kg
  • 特技:ラグビー・サッカー・バスケットボール
  • 事務所:アクトレインクラブ

斉藤悠さんは、17歳でモデルデビュー。

メンズ雑誌『Hot-dog』『Men’s non-no』などの誌面を飾り、ヒロミチナカのSHOWにも出演するなど、177cmという長身を活かしてCMや雑誌で活躍しました。

スポンサーリンク

斎藤洋介の次男は舞台の主役や大河出演も

斉藤悠さんは、モデルとして活躍した後、俳優としても活動を開始。

どんな作品に出演してきたのか、見ていきましょう。

舞台やドラマで活躍

2007年の舞台『三日月堂書店』『贋作舞姫』で、初主演を務めた斉藤悠さん。

2008年にはドイツ映画『赤い点/The Red Spot』でモントリオール世界映画祭に参加し、注目を集めました。

2011年には、大河ドラマ『江』に豊臣秀家役で出演。

その後も大河ドラマへの出演は続き、2013年『八重の桜』には松平茂昭役を、2014年『軍師官兵衛』には斎藤龍興役を演じています。

斎藤洋介との共演作は?

斉藤悠さんは、2009年『女タクシードライバーの事件日誌4』や『ケイタイ刑事』で、父・洋介さんと共演

『女タクシードライバーの事件日誌4』は、斎藤洋介さんがタクシードライバー役で出演し続けた月曜ゴールデンシリーズ。

息子の悠さんは、第4作の「殺意を運ぶ紙ヒコーキ」で、主人公夫婦の息子役を演じました。

『ケイタイ刑事』では、父・洋介さんは所轄の刑事役悠さんは未解決事件の犯人として自首してくる役として出演。

悠さんのナチュラルさと猟奇性の両面をもった演技力が、評価されるきっかけにもなりました。

父・洋介さんも、『聖者の行進』では人の良さがにじみ出るような演技を見せたかと思えば、『人間・失格』では主人公をいじめるひどい体育教師役を演じるなど、振り幅の大きな俳優さんでした。

息子の悠さんも、きっとその才能を受け継いでいるのでしょうね。

スポンサーリンク

斎藤洋介の次男は嫁も子供もいる

斉藤悠さんには、2歳年上の奥さんと子供がいます。

Lemon
2008年10月に出演した「週刊えみぃSHOW」で、ダンサーの女性と結婚することを明かしました。

2009年3月18日には、長男が誕生。

奥さんとは2年間の交際を経て結婚したそうですが、名前や顔画像などは公表されていませんでした。

奥さんはダンサーをされていたということなので、華やかでキレイな方でしょうね。

息子さんも、とっても可愛いと思います。

 

闘病の末、この世を去った斉藤洋介さん。

とても残念ですが、洋介さんの遺伝子を受け継いだ悠さんが、今後のドラマや映画を盛り上げてくれるのではないでしょうか。

斉藤悠さんの活躍に注目しましょう。

スポンサーリンク