丸山礼のwiki風プロフ!年齢や経歴は?虹プロ好きで韓国語も得意

ものまねタレントとして活躍する丸山礼さん。

土屋太鳳さんやロバート秋山さんの顔芸が得意で、とっても面白い芸人さんです。

最近は、虹プロ大好きということでも知られるように。

丸山礼さんがどんな人なのか、詳しく解説していきます!

スポンサーリンク

丸山礼のwiki風プロフィール!年齢や経歴は?

丸山礼さんは、ワタナベエンターテインメント所属のお笑い芸人

ものまねや一人コントが得意で、You Tubeチャンネルも開設しています。

プロフィール
名前:丸山礼(まるやま れい)
生年月日:1997年4月1日
出身:北海道
身長:158cm
体重:70kg
血液型:AB型
最終学歴:北見藤女子高等学校

体重まで公表しているのは、女性芸人さんでも少ないのではないでしょうか。

ぽっちゃり体型が愛くるしいですね。

ものまねのレパートリーが豊富

丸山礼さんは、人気女優・土屋太鳳さんの顔マネが似ていると話題に。

体型や顔のパーツは異なるものの、一瞬本人がチラつく絶妙なクオリティ!

土屋太鳳さんとは『ウチのガヤがすみません!』で共演し、ものまねは本人公認となりました。

他にもレパートリーは豊富で、特徴をつかんだモノマネにハマる人が続出!

  • ロバート秋山さん
  • 篠原涼子さん
  • アンミカさん
  • 近藤春菜さん

お笑いタレントから女優、モデルなど様々なジャンルの方を真似しています。

丸山礼さんは歌も上手で、歌マネも得意。

  • MISIAさん
  • 吉田美和さん
  • 加藤ミリヤさん

そうそうたるメンバーを、面白く真似しているのが可愛いですね!

You Tubeの登録者数は50万人

You Tube「丸山礼チャンネル」は、登録者数50万人超え!

「OLあるあるネタ」や「土屋太鳳メイクの方法」、「一人焼肉をしている姿」など、バラエティ豊かなコンテンツが魅力。

コントのような素顔のような、面白い動画を見ることができますよ♪

最近では、刑事ドラマ『警視庁・捜査一課長』にてドラマデビューを果たしたり、志尊淳さんとインスタライブを行ったりするなど、活躍の場を広げている丸山礼さん。

夢はTGC(東京ガールズコレクション)に出ることで、もっと知名度を高めたいそうです!

スポンサーリンク

虹プロが大好きで韓国語も得意

丸山礼さんは、虹プロが大好き!なんと韓国語も得意なのです。

「Nizi Project」に出たかった!?

大ブームを巻き起こした「Nizi Project」。

丸山礼さんは虹プロに応募したかったそうで、練習生になりきった動画をアップして話題に

練習生とプロデューサーのJ.Y. Park氏の一人二役をこなし、合格までもらっています(笑)

ちなみに丸山礼さんは、ミイヒ推しとのこと。

『今夜くらべてみました』でもNijiUへの想いを語るなど、虹プロ愛が止まらない丸山礼さんです!

韓国語が得意

丸山礼さんは、韓国語が上手なことでも有名です。

You Tube「丸山礼チャンネル」でもたびたび披露していますが、どんどんレベルが上がっていると話題に。

韓国語が得意なのは、韓流スターにハマった時期があったから

韓流ドラマを見たり、韓流スターが話している内容をそのまま聞いたりするために、韓国語を猛勉強したのでしょう。

面白くて知性もある芸人さんですね。

スポンサーリンク

丸山礼さんがお笑い芸人になるまで

丸山礼さんがお笑い芸人を目指したのは、高校3年生の頃。

高校生の頃から、学校を盛り上げようと「生徒に媚びようと必死な非常勤講師」など、先生のモノマネをしていました。

丸山礼さんは成績優秀で、教育大学に進学して養護教諭になることを考えていましたが、進路には迷いも。

「モノマネを見てほしい」という思いから、ワタナベエンターテインメントのオーディション『オモ女グランプリ』に応募したところ、最優秀賞を受賞!

「若いうちは人生やり直しが利く!」との思いで、両親に反対を押し切って大学進学を辞め、お笑い芸人を目指すことに。

高校を卒業までには、YouTube配信ローカル番組『オホバン』で「お笑い芸人志望の女子高生パーソナリティ」としてレギュラー出演するなど、すでに活躍を始めていました。

高校を卒業すると上京し、ワタナベコメディスクールに22期生として入学。

首席で卒業するとワタナベエンターテインメントへの正式な所属が決まり、『PON!』の月曜日突撃芸人レギュラーにも決定!

『PON!』では、ロバート秋山さんのものまねが似ていると話題になり、ブレイクの足がかりをつかみました。

その後、土屋太鳳さんやアンミカさんのモノマネでブレイク!

丸山礼さんのお笑い人生は、順調そのものですね。

これからもっと幅広い活躍を見せてくれそうな丸山礼さんに、期待しましょう!

スポンサーリンク