欅坂46の改名はなぜ?平手友梨奈の脱退といじめファイブが理由?

人気アイドルグループ・欅坂46が、2020年10月のライブにて活動を休止し、改名して再スタートすることを発表。

電撃的な発表に、SNS上では改名理由について様々な憶測が飛び交いました。

欅坂46はなぜ改名するのでしょうか。

リサーチしたところ、大きな2つの理由が見えてきました。

スポンサーリンク

欅坂46が改名するのはなぜ?2つの理由とは

2020年7月16日に行われた無観客・完全生配信ライブにて、キャプテンの菅井友香さんが次のように発表しました。

「私たち欅坂46はこの5年間の歴史に幕を閉じます。そして、欅坂46とは前向きなお別れをします。

10月に予定している欅坂46のラストライブにて欅坂46としての活動に区切りを付けさせていただきます。

そして新しいグループ名となり、生まれ変わります」

https://news.yahoo.co.jp/articles/1a688ca5a45f42b1f884a25aca38d783a8d07d03

欅坂46と “前向きなお別れ”をし、5年間の活動に区切りをつけるとのことですが、なぜこのタイミングで改名するのでしょうか?

理由①平手友梨奈の脱退

欅坂46が改名する理由は、「平手友梨奈さんが創り上げた世界観を一新するため」と言われています。

平手友梨奈の世界観とは?
「大人に負けない」という「アンチテーゼ」を体現。アイドルらしからぬクールな世界観を確立し、他のグループとは一線を画しました。

2020年1月に欅坂46を脱退した平手友梨奈さんですが、デビューシングル「サイレントマジョリティー」から8曲すべてのシングルでセンターを務め、欅坂46は“平手一強体制”と言われてきました。

「欅坂46=平手友梨奈」というイメージが強く、平手友梨奈さんがグループを脱退した後、その世界観を引き継げる人がいないのが、改名の理由だと言われています。

理由②いじめファイブによる内部崩壊

欅坂46が改名するもう一つの理由は、いじめ問題による内部崩壊です。

2018年11月に今泉佑唯さんがグループを卒業しましたが、その背景には「いじめファイブ」によるいじめがあったと言われています。

いじめファイブとは?
今泉佑唯さんに対するいじめを行ったとされる、主犯格の5人。平手友梨奈さんを崇拝したメンバーで、平手さん以外がセンターになることに反発し、嫌がらせを行っていた。今でも現役メンバーとして活動中。

「5人をクビにする」という話も出ましたが、5人一斉にクビ(卒業)にすると、ファンに動揺を与え問題になると考えた運営は、対応をこまねいていました。

この状況に、今泉佑唯さんはいじめファイブがグループをやめることはないと判断し、自ら卒業を決めたと言われています。

今泉佑唯さんには、次のようないじめが行われていたそうです。

  • 暴言(「死ね」など)
  • 体をぶつける
  • 物がなくなる

いわゆる“女子校のいじめ”ですね。

他のメンバーも、自分に飛び火するのを恐れて「見て見ぬふり」だったそうで、今泉佑唯さんはグループに居場所がなくなってしまったのでしょう。

このようなことから、欅坂46の雰囲気は悪くなり、他にも「やめたい」と運営に訴えるメンバーが続出。

1期生と2期生との間に不和も生まれ、グループとして活動していくのが難しくなったことが、改名の理由と言われています。

スポンサーリンク

ファンやSNSの反応は?

文春オンラインTVでは、視聴者に「改名について賛成か反対か」を訪ねたところ、改名に『賛成』するファンが多いとのこと。

体制を一新し、前向きにがんばってほしいという思いが強いのでしょうね。

SNSでは様々な反応があがっています。

人気絶頂の中、改名を発表した欅坂46。

改名後のさらなる飛躍に期待しましょう!

スポンサーリンク